Facebook Twitter
bloggeroid.com

鬼ごっこ: 取る

取る でタグ付けされた記事

ジェネリック医薬品と医療費の節約

投稿日: 11月 15, 2023、投稿者: Abe Stallons
たとえば、バリウムなどのベンゾジアゼピンは、不安、急性ストレス反応、不安発作の世話をするために処方される可能性があります。 高用量では、一般的な麻酔薬として利用することさえできます。 | - |無数の有益な効果にもかかわらず、バリウムには虐待の見通しがあり、実際に規定どおりにのみ利用されるべきです。 バリウムを服用してから最初の数日間、個人は通常、眠くて協調していないと感じますが、体が薬の結果に精通しているため、これらの感情は消え始めます。 この薬物を長期にわたって使用すると、身体はこれに対する耐性を確立し、大量の用量は間違いなくまったく同じ初期効果を達成する必要があります。 さらに、継続的な使用は物理的依存をもたらし、 - 使用が削減または停止されると、撤退する可能性があります。 | - |バリウムは脳の活動を遅くすることで働くため、人がそれらを服用するのを止めるたびに、脳の活動はリバウンドし、制御不能になり、他の有害な結果とともに発作を起こす可能性があります。 バリウムからの撤退は問題がある可能性がありますが、実際には生命を脅かすことはめったにありませんが、他のCNSの抑うつ剤の長期使用からの離脱は生命を脅かす合併症を持つ可能性があります。 したがって、バリウム療法の中止を検討している人や、この薬物からの撤退に苦しんでいる人は、あなたの医師と相談するか、治療を求めるべきです。 | - |高用量または虐待されたとき、バリウムは無意識と死を引き起こす可能性があります。 親または個人として、この薬や同様の薬物を使用することで誰かを疑う場合は、単純なプライベートな尿の薬物検査キットで決定的な答えを得ることができます。 使いやすいベンゾジアゼピン(バリウム)尿薬物検査製品をオンラインで見つけることができます。 | - |...

市販の鎮痛剤の種類

投稿日: 六月 28, 2023、投稿者: Abe Stallons
誰もが何らかの種類の市販の鎮痛剤を使用しています。 多くの場合、人々は製品を誤用します。なぜなら、彼らは通常、彼らが十分に強いか、処方薬と同じくらい有害であるとは信じていないからです。 市販薬は処方治療薬よりも弱いですが、まだ薬です。 市販の痛みの緩和には、非ステロイド抗炎症(NSAID)とアセトアミノフェンの2つの形態があります。 あなたの2つの違いとそれらがどのように機能するかを知ることは、あなたがどの製品を利用するか、それらをどのように活用するかについてのより良い選択を作成することができます。 | - |NSAIDは、プロスタグランジンの生産を停止することで機能します。 プロスタグランジンは確かにあなたの体の天然化学物質であり、痛みを引き起こします。 さらに、炎症を軽減します。 NSAIDには、アスピリン、イブプロフェン、ナプロキセン、ケトプロフェンが含まれます。 胃腸の問題は、NSAIDの最も一般的な副作用です。 NSAIDは腎機能にも問題を引き起こします。 不要な効果を経験するための深刻な性質と可能性は、使用とともに増加します。 NSAIDはまた、血液循環圧力を妨げる可能性があります。 毎週1酒以上の酒を飲む人は、NSAIDから不要な効果を経験する可能性を高めます。 | - |アセトアミノフェンは、痛みを軽減し、発熱を減らすために働きます。 アセトアミノフェンは、NSAIDが痛みの領域でどのように痛みを止めるかではなく、心の痛みを止めることにより機能します。 したがって、痛みを止めるのではなく、アセトアミノフェンは実際に痛みを感じるのを防ぎます。 特に大きな用量でのアセトアミノフェンの長期使用は、腎臓の損傷を引き起こす可能性があります。 アセトアミノフェンは、NSAIDよりも胃腸領域では簡単ですが、肝臓に長期的に影響を与える可能性があります。 | - |NSAIDとアセトアミノフェンの両方を一緒に利用して、痛みの世話をすることができます。 ただし、アスピリンやナプロキセンなど、まったく同じグループから2つの製品を使用する必要はありません。 これは過剰摂取をもたらす可能性があります。 さらに、他の薬を服用している場合に備えて、市販の鎮痛剤を服用する前に、医師に相談することが重要です。 | - |...

Tranqsのトラブル

投稿日: 12月 9, 2022、投稿者: Abe Stallons
これらの薬物は、中枢神経系に対するアルコールと臨床的に類似した効果があり、長期使用は脳組織に重大な影響を与える可能性があります。 しかし、これらの薬物の1つの本当の問題は、それらの中毒性であり、比較的短い時間の後にそれらを服用するのをやめる際の問題です。 経験できるこれらの悲惨な離脱症状のいくつかは、怒り、不安、腸の変化、濃度の不十分、感情的障害、うつ病、協調困難、めまい、光、頭の圧力、筋肉と痛み、しびれ、麻痺、麻痺、動揺に対する感受性: 揺れ、不眠症、非現実性または解離感。 では、何が選択されていますか? 代替案は、より印象的で、より良い、より新しい、より集中した薬ではありません。 選択は、医学の世界による実現かもしれませんし、不安の患者による、これらの薬は何も変えません。 彼らは結果としてあなたを切断するだけです。 それが本当に何であっても、それが不安を呼び起こしているのですが、薬が最終的に停止すると、それはまだそこにあります。 3か月、年、10年、20年間、その周りに延期する延期...